マルメロの王冠を形作る マルメロを育てるときは、木の形をしたものが最もよく使われます。これにより、手入れに便利なコンパクトな植物を手に入れることができます。定期的かつ正確な剪定は、木に美しい形を与えるだけでなく、その手入れや収穫を大いに促進します.

トリミングする方法?

クラウン形成の段階 マルメロを木として育てることを決定した場合、最初のステップは茎、つまり中央、主幹、幹を追い出すことです。これを行うには、最も重要な1つを残してシュートし、残りのシュートをすべて根から切り取ります.

これで、クラウン自体の形成に直接進むことができます。

  1. 土壌レベルから50〜70 cmの高さで、中央の(そして今のところ唯一の)幹の上部を短くします.
  2. 翌年、苗が側枝を解放するとき、それらも短くする必要があり、40cm以下を残します.
  3. 外側の新生物の後続の各グループで同じことを行い、40cmの高さ(長さ)でそれらを切断し、冠を分岐させます.

成長期に発生するすべての根の芽は完全に切り取らなければなりません。.

剪定が強すぎると害を及ぼすだけであることに留意する必要があります。剪定は結実を押し戻し、新芽の活発な成長を引き起こし、冠の肥厚につながります。.

いつトリミングするか?

夏の剪定冠の形成をスピードアップするために、夏に形成的な剪定を行うことができます。この場合、夏の初めには一年生の新芽が短くなり、7月末まではウェンだけが切り取られます。さらに、中央のシュートの除去は、クラウンの成長を抑制するのに役立ちます。これは夏に行われるべきであり、側枝を残して、そうすれば木は高さではなく幅で成長します.

春には、夏に形成される若い枝も短くする必要があります。同時に、樹冠の成長を抑える作業は止まらず、若い芽からは水平方向の横方向の芽だけが残り、垂直方向に成長している中央の芽は、大きな木を手に入れることが目的でない限り、完全に削除されます.

結実の開始をスピードアップするために、あなたは果物のつぼみのノッチを作ることができます.

マルメロの形成と剪定の一般原則

トリミングするときは、次のニュアンスを考慮する必要があります。

  • 根元から樹冠の始点(側枝の位置)までは50cm以上70cm以下である必要があります。
  • 木の枝の最大数は15本で、そのうち2〜3本は5年生の枝、最大4本の3年生と2年生の新芽、そして若い成長です(もっと残しておくと、樹冠は厚くなり、外観と結実の両方に影響します);
  • 5歳に達した後、そのようなシュートの収量は大幅に低下するため、若い成長の代わりに完全に除去する必要があります。
  • 垂直に配置された枝のつまみは、出芽する前に行う必要があります.

形を整えるだけでなく、マルメロは常に良好な状態に保つ必要があります。これを行うには、春に、冠の内側で地面に向かって垂直に成長している芽と、それに接触しているすべての乾燥した損傷した枝を取り除きます.