赤ちゃんにもカボチャのピューレが与えられます カボチャは16世紀にロシアの庭園に登場し、当初は家畜の飼料作物として使用されていました。冬になると、牛は喜んでそのような添加物を食べ、牛乳はさらに美味しくなります。その後、農民は野菜の味を味わい、新しい品種を開発し、食事療法では、カボチャは食事に必要なサプリメントになりました。現在、カボチャの体への効果は多くの研究によって確認されています。記事を読む:男性にとってのカボチャの種の利点と害!

カボチャの果肉の利点の理由は何ですか?

カボチャの果肉には栄養素が多く含まれています 果実は、総質量の約17%、果肉の最大75%を占めるクラストで構成され、残りは繊維状の種子の巣があるシードチャンバー内にあります。昔は地殻も貯蔵容器として使われていましたが、今では工芸品やマスクにしか使われていません。.

カボチャは92%の水分で構成されており、100gあたり22kcalしか含まない低カロリー製品ですが、エネルギーの大部分は炭水化物であるため、血糖指数は75であり、糖尿病患者にとって重要です。.

製品中のビタミンとミネラルの含有量が重要であることが重要です:

  • ビタミンAは1日の必要量の171%です。
  • ビタミンC-17%;
  • ビタミンE-6%;
  • 葉酸-5%.

ビタミンB群の現在のグループと野菜の珍しい要素であるビタミンKは、製品を食事だけでなく薬用にします.

ミネラル組成はさまざまで、100gのカボチャがミネラル塩の不足を補います。

  • 毎日の必要量の2%のカルシウムと亜鉛;
  • 鉄とリンを5%;
  • 7%の銅;
  • カリウム11%.

他の元素は少量存在しますが、それらの利点は否定できません。したがって、果肉に存在するビタミンTは消化を助け、血小板の形成を促進し、血液凝固を改善し、貧血を防ぎます。カボチャのカロチンはニンジンの2倍です。シーバックソーンよりも目の栄養に健康的です.

カボチャから結核菌を抑制する薬用物質が発見されました。 Avicennaは、慢性咳嗽との闘いにおけるカボチャの薬効について書いています.

主題について:カボチャはどのように役立ちますか??

カボチャの食べ方?

カボチャは生で食べたり、焼いたり、茹でたりすることができますハーブ製品のすべての有益な特性は、生の形で最もよく現れます。生かぼちゃは食べられますか?製品は生、焼き、茹でて便利です。カボチャを揚げることはできますが、同時に油を拾い、非医薬品および非ダイエット製品になります。生のカボチャはサラダの追加として使用されるか、別の皿としてすりおろされます.

焼きかぼちゃは特別な味がしますしかし、病気が悪化した場合、熱処理せずにカボチャを使用することは望ましくありません。寛解では、カボチャのサラダは傷つきません。冷凍製品も完全に有用な品質を保持します。茹でて、お粥の一部としてミルクで調理し、蒸して焼きたてのカボチャのスライスは、適度に使用するすべての体にのみ利益をもたらします。.

禁忌がない場合は、問題を軽減するために特定の時間に生のカボチャを食べることができます:

  • 下剤効果、腸の安定化、胆汁分泌促進効果は、1日あたり300〜400グラムのカボチャを摂取すると発生します。
  • 膀胱の炎症を助けます。
  • 効力を改善します.

カボチャは肌をクレンジングし、足に重い負荷をかけて足の痛みを和らげ、湿布の形で使用されます.

妊娠中や授乳中にカボチャを食べることは可能ですか??

カボチャは妊娠中の女性と授乳中の女性の両方に適しています妊娠期間の前半の妊娠の初めに、女性の体は再構築されやすく、ホルモンは母親の状態を感情的に不安定にします。中毒症の発症は、突然の吐き気、臭気への不耐性で幸福を害します。生のカボチャ、ジュース、または乾燥した健康的なカボチャの種を含むサラダが、妊婦が問題に対処するのに役立つのはこの時期です。これらの製品はすべて、絞扼反射を抑制し、中毒や過度の神経質を軽減します。.

しかし同時に、体は強化された強化を必要とし、造血はより効果的であるはずです。妊娠中のカボチャの絶え間ない摂取は、最初の学期の問題に対処するのに役立ちます。後で、同じ製品は利尿作用があるので、腫れを和らげるのに役立ちます。カボチャ料理を受け入れる若い女性は、新しい男性を作るのに十分な栄養素があり、母親が子供にカルシウム、亜鉛、マグネシウムを与えないため、光沢のある髪、健康な肌、爪を持っています.

カボチャのリンとカルシウムは、赤ちゃんの骨格の形成に役立ちます。ビタミンAとDのおかげで母親の視力が低下することはなく、リンとカルシウムが子供の骨格を形成するために使用されます。鉄は造血に関与しており、葉酸とビタミンTおよびKとともに、胎児への血液供給に関与しています。しかし、女性が未治療の胃腸潰瘍、胃炎、または下痢を患っている場合、カボチャのすべての有益な特性は反対に変わる可能性があります。カロテノイドに対するアレルギーは、悪化の原因となる可能性があります。.

カボチャがサラダに追加されます母乳育児中、いつ、いつカボチャを食べることができますか?, 若い母親はよく自問します。授乳中のお母さんの食事制限が厳しい時期には、慎重な食事の選択が必要です。この場合、カボチャを食べるための予約があります。間違いなく、健康的な製品は、乳児期の10日後にのみ、母親のミルクで徐々に赤ちゃんに届くはずです。最初の部分は小さく、その後は赤ちゃんの健康状態を観察する必要があります.

最初は、カボチャは茹でて焼いてお粥の一部としてのみ使用されます。揚げカボチャは授乳中の母親は使用できません。メニューの後半で、サラダにジュースとカボチャを追加できます。ただし、健康的な野菜に夢中になりすぎないようにしてください。母親と赤ちゃんの両方に便秘の問題が発生する可能性があります。.

子供のためのカボチャ栄養士や小児科医は、カボチャを赤ちゃんに与える最初の製品として、最も有用な野菜として使用することを勧めています。ただし、母親が出産前に黄色い野菜にアレルギーを持っていた場合は、カボチャを食べ物に追加しないでください。子供は先天性アレルギーを持っている可能性があります.

妊娠中の女性や授乳中の母親の食事には、安全に自信がある場合にのみカボチャを使用できます。果物は、窒素肥料や成長刺激剤を与えずに、夏のコテージまたは個人の裏庭で栽培するのが最善です。中型の果物を使用する必要があります.

糖尿病のカボチャ

糖尿病の患者さんはカボチャを少量食べることができます。カロリーが低いにも関わらず、カボチャのGIは75単位と高く、スイカと同じです。栄養士はカボチャを分解しにくいでんぷん質の製品として分類しているため、血糖値はゆっくりと上昇します。また、エネルギー量の少ない製品として減量にも貢献しています。.

糖尿病患者は生のカボチャを摂取するのが最善ですXEを達成するために他の食品の代わりにカボチャを適度に摂取することは有益です。メニューに糖尿病のカボチャは血中のベータ細胞の含有量を増やし、それらはすでに良いインスリンの生産に含まれています。かぼちゃの干物は、お菓子を制限する必要のある人のデザートとして最適です。.

GIが最も低いので、より健康的なのは熱処理なしの生のカボチャです。しかし、真性糖尿病の場合、カボチャの食事への導入は、医師に相談した後にのみ可能です。.

膵炎と肝臓病のためのカボチャ

膵炎の場合は、茹でたカボチャを使用してください膵炎は膵臓の炎症過程です。それらは、食べた後の痛み、吐き気、嘔吐を伴います。通常、ストレスを和らげるための最初の手段として、治療的絶食が処方されます。この後、患者は、プリンやシリアルの形で茹でたカボチャが重要な役割を果たす控えめな食事に移されます。急性期の膵炎のカボチャは、油を加えずに熱処理した後にのみ消費することが重要です.

膵炎が慢性疾患の段階に達した場合、寛解期に、カボチャを含む製品に少量の無塩バターまたは精製植物油​​を加えることができます。毎日の食事でのカボチャの推奨用量は200〜300グラムで、最大で0.5キログラムです。.

右季肋部の痛みで人生を楽しむことができなくなった場合は、肝臓の状態を調べる時が来ました。この器官は毒素を取り除き、毒素を処理し、糖を処理し、造血に関与し、機能に対処しないときに痛みの信号を出します。カボチャには、何世紀にもわたって認識されてきた特性があります。それはそれをきれいにすることによって肝細胞膜の効率を回復します。したがって、肝臓にとって、カボチャは健康上の理由から製品です。.

病気の肝臓にとって、カボチャは良い治療者です。肝細胞である肝細胞は、病気で破壊されます。カボチャ製品は肝臓に入る毒素の量を減らし、クレンジングシステムを活性化します。しかし、カボチャは薬ではなく、医師が処方した薬の効果に貢献します。しかし、カボチャ料理が人のメニューに含まれている場合、これは手ごわい病気の予防です。.

体に対するカボチャの有用性についての興味深い事実-ビデオ